募集してみよう!、の前に


前ページで電話占い師に募集してみよう!と思っていただいた方、興味は出てきたけどまだ迷っている方。まずは読んでいただきありがとうございます。そんな方々へ、このページで応募するまでの道のりをお伝えしようと思います。

占い師になる為には

すでに占い師として活躍されている方には今更な話ですが、これから占い師になる方、いわゆる初心者向けのお話をさせていただこうと思います。
まず、占い師ってどんな人がなれると思いますか?
実は、誰でもなれます。占い師は資格があるわけではなく、どなたでも占い師を目指して大丈夫なのです。
しかし、『なんだ、じゃあすぐにでもなれるのか』と言われれば、NOです。占いってとっても知識がいるものなのです。

占いには大きく分けて3種類あるのご存知ですか?それは『命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)』の3種類です。

『命』 代表的な占い 【四柱推命】【西洋占星術】

『卜』 代表的な占い 【タロット】【水晶】

『相』 代表的な占い 【姓名判断】【手相】

代表的なものをあげてみましたが、まだまだ多くの種類があります。一つ一つを深く説明するとこのページだけでは到底足りません。占い師になるためには本当に膨大な知識量が必要になってくるのです。覚えるとなるととても大変な作業になります。ですが、しっかり勉強をすれば、誰でも占い師として大活躍出来るのも事実です。占いが好きだ、占いで悩みを解決まで導きたい、という強い気持ちが何より大切です。

占い師として胸を張る

しっかり勉強して占い師として自立出来るようになりましたら、やっと応募することができます。(前述した『自立』というのは、占い師としての経験値が全てではありません。相談者を助ける知識と力をつけたということです)
ここが最大の山場であり最大の魅せ場です。先ほどご紹介した『ピュアリ』の場合、応募フォームから必要事項を記入して応募します。応募した当日から3日以内で折り返しが来て、募集事項の確認調査が入り、査定が通れば鑑定実技オーディションとなります。今までどれだけ努力してきたか、ここではっきりします。ピュアリは厳しいという話もしましたが、それだけしっかりと見てくれるということです。胸を張ってオーディションに臨みましょう。そこで査定に合格すれば見事電話占い師となります。

電話占い師として活躍する

ピュアリに在籍出来た場合、バックアップ体制は整っております。ですが、ここであぐらをかいてはいけません。厳しいオーディションを通過した方なら心配ないと思いますが、多くの占い師の方はより良い鑑定が出来るよう日々努力をしています。オーディションに合格したからゴールというわけではありません。
このページを見て、占い師になるのって只々大変に思われるかも知れんせが、それに見合う喜びというのが必ずあります。努力をしただけお客様から感謝されるというのは、占い師ならではの特権ではないでしょうか。